--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 12. 13  
この話は,さまざまなバリエーションで幾度となく語られてきました。



  丸木舟に乗って家に帰った漁師が,この発展途上国で働く,外国から来た専門家に会います。

専門家は漁師に,なぜこんなに早く帰って来たのかと尋ねます。

漁師は,もっと長く漁をしていてもよかったが,家族を養うのに十分な魚を捕った,と答えます。


  「では,空いている時間は何をするのですか」と専門家は尋ねます。


  漁師はこう答えます。

「そうだな。少し釣りをしたり,子どもたちと遊んだり,暑い時はみんなで昼寝をしたりする。


晩には一緒に夕食を取って,その後,仲間と集まって音楽を楽しむ。そんな感じかな」。


  専門家は,こう口をはさみます。

「わたしは大学の学位を持っていて,こうした事柄を研究してきました。


あなたを助けたいのです。もっと長く漁に出たほうがいいですよ。

そうすれば収入が増えて,そのうちこの丸木舟より大きなボートを買えます。

大きなボートがあれば,さらに収入が増え,やがてトロール船の船団を持てるようになります」。



  「それから?」と漁師は尋ねます。


  「そうなれば,仲買人を通して魚を売る代わりに工場と直接交渉できますし,


自分で魚の加工場を始めることさえできます。村を離れて,コトヌーやパリやニューヨークに行き,

そこから事業を経営できます。株式市場に上場することも考慮できます。

お金持ちになれますよ」。


  「それにはどれくらい時間がかかるんだい」と漁師は尋ねます。


  「おそらく,15年から20年でしょう」と専門家は答えます。


  「それから?」と漁師は質問を続けます。


  「人生が面白くなるのはそれからです」と専門家は説明します。


「退職して,都会の喧騒から離れ,田舎の村に落ち着けます」。


  「そしてどうなる?」と漁師は尋ねます。


  「そうなれば時間のゆとりができて,少し釣りをしたり,子どもたちと遊んだりできますし,

暑い時には昼寝をし,家族と一緒に夕食を取り,仲間と集まって音楽も楽しめます」。

丸木舟



結局目的もないままあくせく働いてもむなしいだけなんですね。



仕事は目的を持って成し遂げたい。
スポンサーサイト
2010. 12. 10  
最近思うのは、少し前の時代に安定だと思われていたものが不安定になっているということ


大手の会社が倒産したり、安全だと思われていたものがそうでもなかったり。。。


寄らば大樹の陰 (よらば たいじゅの かげ)


大企業



{どうせ頼るなら、大きくて力のあるものに頼ったほうが安心できるし、

なにかと得だというたとえ。

●雨宿りをしたり、暑い日ざしを避けようとして木陰に身を寄せるときには、


大きな樹木の陰がなにかと好都合だの意から。

「立ち寄らば大樹の陰」とも言う。}


という考え方もあるんだろうけど

それひとつに頼りすぎなのも危ないよなぁ



一部頼りつつも、2つ目、3つ目のプランも用意していたい。

2010. 12. 03  
不景気だと言われながらも不景気な感じがしない日本


だけど、経済的にはかなりのところまできてるんです。

なんせ国の借金は増えつづけていますから。

借金



政府に景気対策を迫ったところで、いい解決方法がすぐに見つかるともおもえません。


そこで、この危機に備えるのが、複数の収入源を持つことと

日本円だけに頼らない生活をすることです。


今からの時代、経済的に安定というのはナイに等しいですね。


大きな会社でもバンバン潰れている時代です。

悩み



こんな時複数の収入源があれば、ひとつがだめになっても、もう一つでカバーすることができます。


一つの収入源を維持するのでも大変なのにこれが二つになったらやっていけないって思いますか??


実は、収入源を2つ3つと増やしていくにはちゃんとしたルールがありそれから外れると、


自分を苦しめることにしかなりません。


でもちゃんとしたルールの上だと3つも4つものビジネス

さらには自由な時間まで手に入るんです。



これってすごいことですよね。




もう一つは日本円だけに頼らないことです。


外貨



お金を外貨でもっていたり、不動産や金などのマテリアルを持っていたりするなら円の崩壊に備えることができます。


複数の収入源考えておいたほうがいいですね。
2010. 12. 02  
今日で11月も終わり


明日から新しい月の12月が始まる。

時計



今日仕事がスッキリ終わったのはとっても気持ちいいっ ことである。


普段からわたしはサボリストを目指している。


このサボリストというのは、ちょっとでも仕事は少なく楽をしようというけちくさい


仕事のやり方ではなく、仕事の整理の仕方、時間配分などを駆使し、


いかに効率よく仕事をこなすか にこだわるものである。



ダラダラと仕事をするよりも、メリハリをつけて一気に仕事を片付けるほうがいい。


そして余った時間は、自分を磨く事についやしたり


しっかりと休息にあてたり


このいいサイクルがさらに時間もお金もおおきなゆとりをもたらしてくれる。

シズルでビジネス


そこに達するまであと一歩



2010. 12. 01  
いつもお金が足りないように感じていますか。



もう少しお小遣いが多ければ,欲しいゲームが買えるでしょうか。

ゲーム


もっと給料が高ければ,“必要な”靴が買えますか。


しかし,持っていないお金のことでやきもきするよりも,持っているお金を上手に管理する方法を習得するのはどうでしょうか。


いっぱい失敗しながらお金の管理を勉強するのもいいでしょう。


しかしそれは,パラシュートの使い方を学ぶ前に飛行機から飛び出すようなものです。

確かに,地面に向かって急降下している間に,どうすればよいかが分かる場合もあるかもしれません。


ですが,飛び降りる前にパラシュートの基本的な使い方を習得するほうが,どんなにか良いでしょう。

パラシュート


基本を学ぶ



毎月の光熱費や水道代,また車の維持費や食費,家賃もしくは住宅ローンが幾らなのか知っていますか。


そうした細々したことは面倒くさいと思うかもしれませんが,支払いのためにどのように予算を立てていくか考えてみましょう。


コメント:「今では自分のお金をうまく管理できるようになりました。

注意して出費を抑えているので,不必要な負債を避けることから来る解放感や安心感を味わっています」。


なぜ難しいのかを考える

確かに,お金を上手に管理することは,言うは易く,行なうは難しです。


お金を使うのは面白いことでしょう。

コメント:「僕はすぐお金を使ってしまいます。使うのが楽しいんです。物を買う時はわくわくします」。



加えて,道理にかなった限度を超えてお金を使わせようとする仲間からの圧力があるかもしれません。

友達と遊びに行く。となると遊ぶ内容にもよりますが、ショッピングやお茶など経費がかかります。

また、何かを楽しむためにはお金をかけなきゃダメだという暗黙のルールがあるかもしえません。


友達


多くの人は,友達や同僚の間で自分の評価を上げようとしてお金を使います。

そうした傾向は,特にクレジットカードを持っている場合,深刻な金銭上の問題の原因となりかねません。

金融アドバイザーのスージー・オーマンはこう警告しています。


「もし自分の人となりよりも持ち物で他の人に感銘を与える必要があると思っているなら,

あなたはクレジットカードの乱用に陥る危険性が高いと言える」。


クレジットカードを限度額いっぱいまで使ったり,

給料を一晩で使い切ったりする代わりに,次の方法を試してみるのはどうでしょうか。


「友達と出かける時は,前もって計画して出費の限度を決めておきます。

給料は直接銀行に振り込まれるので,そのつど必要な分だけ引き出します。


また,お金を大事に使う友達や,衝動買いしないで幾つかの店を回るように促してくれる友達とだけ買い物に行くのが賢明だと思います」。


“だめ”という答えから学ぶ

いろいろ考えたけどやっぱり高いなぁとか、払えないとき、


この経験からも学ぶことが出来ます。

買わずに我慢する。

お金を上手に管理する上で,この自制は肝要です。



また、幸福は欲しいものをすべて手に入れることにかかっているのではないのです。

お金があって何でもすぐに買ってしまう人は、あるとき本当に満足している時がないことに気づきます。

どんなにたくさんのものを手に入れても,さらに何か買いたいという欲求を常に感じるのです。


金は時なり

「時は金なり」ということわざがあります。

人はお金を得るために時間を費やさなければならず,時間を無駄にすることはお金の無駄である,

ということを強調した言葉です。

その逆,つまり「金は時なり」も真実です。


お金



お金を無駄にすると,

実際にはそのお金を得るために費やした時間を無駄にしていることになります。

お金を上手に管理できるようになれば,時間も上手に管理できます。

「お金をどれだけ使うかをコントロールすると,

どれだけ稼がなければならないかをコントロールすることになります。

現実に即した予算を立ててそれをしっかり守れば,多額の負債を支払うために長い時間働く必要はありません。

自分の時間と生活をもっとよく管理できます」。


そのように生活を管理できたらよいと思いませんか。
プロフィール

jun

Author:jun
JOHNCOMPANY

京都で生活しながらビジネスを展開しています。
このブログは自分のモチベーションを上げるために役立ったいろいろな情報や、日記などを不定期で更新していこうと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
twitter
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。