--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 11. 21  
『どうしてこんなに時間がないんだろう』

忙しい



そうつぶやいている自分に気づくことがどれほどあります。


自分が気に留めている以上に、そのような言葉を頻繁に口にしているかもしれません。



Point1.優先順位を定める


生活の中では何をするにしても時間がかかるため、当然ほかのことよりも優先されるべきことがあります。

例えば冬の寒い朝には、温かい寝床の中にできるだけ長くいたいと思うかもしれません。


しかし時計が鳴ると、もう朝の支度やなんやかんや、いちいち挙げてゆけばきりがありません。


予定表が絶対に必要ですよね。


自分が時間そのものを大切にしていれば、優先順位は必然的に定まるはずです。

なぜならこんなコメントがありました。


「私にとって時間はたいへん重要です。人を待たせないのは当然の務めであると感じています。それに,ルーズな人でも、私が時間を大切にしているのを見ると、私の時間をもっと尊重してくれるようになります」。

寒い朝



Point2.仕事を組織的に行なう



仕事をやり遂げたことが一度もないような人がいるのはなぜか。あるいは、いつも時間が足りないとこぼしている人がいるのはどうしてか。仕事を組織的に行なっていないことが一つの理由かもしれないとのこと。


家や会社の外で費やす時間について考えてみる。実際に仕事に費やす時間のほかに、仕事の行き帰りや、病院や歯科診療所の待合室などでかなりの時間が消えてゆきます。

そうした時間の多くを活用できないでしょうか。例えば、通勤中に音楽を聞いたり、読書をしたり、英語の勉強をしたり、何かの学習に使えばこれは時間を無駄にしなかったという有形の証拠になると思うのです。



とはいえ、この問題には別の側面もあります。一瞬たりとも無駄にしないようにと思う余り、融通のきかない人になっては困りますね。

時には、静かに座って、自分の行なってきた事柄をじっくり振り返ってみたいと思うこともあります。そういう時間は確かに貴いものになります。


お金の節約に関しても同じ原則が当てはまります。必要なのは平衡です。

少しばかり節約しようと思って車で町中を走り回っても、結局は時間とガソリンを浪費するだけかもしれません。

もちろん、家計が苦しいときに節約することは大切です。そのためには,一軒の大きな店で買い物を済ませるとよいかもしれません。そうすれば、品物の置き場所が分かり(時間の節約になる)、安売りをする時期も分かります(お金の節約になる)。



Point3.最もよい時間を選ぶ


人にはみな体内時計が備わっています。朝によく働ける人もいれば、午後にならないと調子の出ない人もいます。


朝型の人なら、難しい仕事は是非その時間帯に行なうよう計画してみましょう。自分の能力を、一番調子のよい時に発揮するのです。


朝にはどうしてもだらだらしてしまうようであれば、一番大切な仕事は、もっと調子がよくなるのを待って行ないましょう。


Point4.現実的な見方をする実際的な予定を立てるには、活動を詰め込みすぎてはいけません。

何でもこなす“スーパーマン”になろうとすると、がっかりして欲求不満に陥りかねません。

健康のすぐれない人であれば、なおのことそうです。自分の限界を知って働くようにしましょう。

スーパーマン




Point5.融通をきかせる

気質が試されるのは、緊迫した中でも何とかやってゆかなければならないときです。


もし危機に直面しても平静でいられるなら、取り乱した場合よりもはるかに多くのことを成し遂げることができます。



緊張をほぐす秘けつを発見!!


コメント:「急に大変なことが起きて、四方をふさがれたような気持ちになるときは、リラックスするようにします。これは少し変に思えるかもしれませんが、効果があります。いったん落ち着くと、次に何をしたらよいかが分かるのです。リラックスしていないと、優先順位をきちんと定めることができません。優先順位が定まれば、その状況に応じてスピードを速め、仕事をかたづけます。例えば、夕食にお招きした方たちが数時間早くいらっしゃったことがありました。うろたえる代わりに、お客さんにはできるだけ楽しんでいただきながら、ひたすら料理しました。皆さんには、くつろぎながら楽しんでいただけました」。


Point6.助けを得る


最高の経営者とは、有能な補佐に囲まれている人である、と言った人がいます。


あなたは仕事をする際、他の人に援助を要請しますか。

一緒に働いている仲間にしてみれば、自分たちの助けが感謝されるなら、一層快く助けを差し伸べたいと思うものです。


周りからは手を出しにくい雰囲気を作っている人もいます。

自分にいつも負担がかかっているのに、友人や同僚などほかの者が手をこまぬいて何も関心を示さないように見えることがあるのは、自分のそういう態度が原因なのかもしれません。


では、あなたはどうでしょうか。手伝いが必要なときに手伝ってもらいやすい雰囲気を作っていますか。あなたは、手伝いを依頼するでしょうか。それとも要求するでしょうか。


人から何を言われようが何をされようが、時間を無駄にし続ける人もいます。でも、そういう人を変えることはできません。

できるのは、自分の改善を図ることだけです。


時間に関して現実的であり、物事をいっそう組織的に行ない、優先順位をきちんと定め、必要なときには助けを得るようにしたいものです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
気分転換
NEW Topics
超図解 奇跡の整理術 机の回り&時間&情報をどう整理すればいいか?―こんなに簡単な方法があったのか!
机の上はいつも綺麗に
人生二毛作社会を創る―企業ミドルの生き方改革による長寿社会の再構築
二毛作に挑戦できるか
ちょっとの事で変わる
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

jun

Author:jun
JOHNCOMPANY

京都で生活しながらビジネスを展開しています。
このブログは自分のモチベーションを上げるために役立ったいろいろな情報や、日記などを不定期で更新していこうと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天
twitter
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。